ワキガ 手術 口コミ

手術を決断させた彼氏の言葉。ワキガ手術

もともとワキガで悩んでいた彼女。その彼女がワキガ手術に思い立った経緯、そして手術後に思うことなど答えてもらいました。

 

※ワキガ手術の体験談、Q&Aについてはこちらを参考にしてください。

 

ワキガ、脇汗どっちの悩みでしたか?

ワキガ

手術の種類を教えて下さい。

直視下手術法

手術はいつ頃しましたか?

2014年10月

手術をした病院、クリニック名を教えて下さい。抵抗がある場合は、所在地を記載して下さい。

東京都世田谷区のクリニック

なぜ、その病院を選んだのですか?決めてになった理由を教えて下さい。

ワキガ手術の実績があったこと。自宅や職場から離れていたため、プライバシーを守れた立地条件。

費用はだいたいどのくらいかかりましたか?また、保険は適用されましたか?

30万円、保険適用なし

手術時間はどのくらいでしたか?

1時間

手術の痛みはありましたか?

痛かった

入院はしましたか?

してない

術後、臭いや汗は減りましたか?

減りました。

ズバリ!手術してよかったですか?

本当によかった!もっと早くすればよかった!

 

ワキガ手術体験談|手術に至った経緯

私がワキガ手術に踏み切ったのは、25歳の時でした。大学時代から付き合っている彼氏と結婚を意識した話し合いを行っている際に、隠し事をすることなく彼氏と一緒にこれからを歩んでいきたいと思ったことがきっかけで、ワキガに悩んでいるということを打ち明けました。

 

すでに彼氏には、私のワキガのことはばれているという気持ちもありましたが、何も言ってくれない彼の優しさにも申し訳なく感じており、自分の口から打ち明けました。

 

すると、彼氏からは、「全然ワキガということで気にしていないよ。でも、もし相当悩んでいるようなら、手術とか治療方法もあるかもしれないから一緒に探すの手伝うよ。どちらにしても好きなのは変わらないから安心して。」という優しい言葉をかけてもらいました。

 

本当にこの人といっしょにいてよかったということと同時に、。自分の口からうちあけたことがすごくじぶんの中で肩の荷がおりたように感覚になり、悩んでいるままいくよりも治療をしていこうと思いました。

 

複数あるワキガ治療から選んだ私の経緯

私がインターネットで事前に彼と治療方法を検索しました。その時に、調べた中のものと実際に医師と相談する中で、思ったのは事前に自分たちで治療方法を調べておく方が選択肢が増えますので治療にもなっとくがいくものを選べるということでした。

 

私は、当初手術が怖かったので、メスを体に入れるような切開手術以外の選択肢を模索していました。その中で知った方法はボトックス注射というものでした。

 

ただ、この方法はワキガを完治するというものではなく症状を半年や1年単位で抑え込むという方法であったことから、再度切れるたびに注射が必要であるという点が難点でした。もちろん費用もかかりますので、悩みましたが手術に決めました。

 

手術方法も複数ありますが私は、直視下手術法を選択しました。

 

理由は医師のスキルによって結果が左右される手術であるというデメリットがありますが、選ばせて頂いた病院の医師は過去にも症例があったようで治療経験もあるということから信頼できると感じた結果、この方法を選択しました。

 

直視下手術法の良いところ。

基本的には手術を当日してその日の当日には帰宅できるという手術のため、体には負担が少ないというのがメリットです。

 

なので、仕事をしている方でも休みを利用すれば簡単に手術を受けることができますので、翌日の仕事とかを影響させずにできる手術です。

 

また、切開というのもありますが、特に目立たない程度のものですので気にするほどでもないということもまた手術を悩んでいた私の気持ちを大きく動かしてくれました。

 

ワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺を全て摘出する必要がある手術なので、万が一とりわすれがあると再度ワキガのにおいが再発するということもありますので、本当に医師のスキルに左右されるという印象があります。

 

デメリットとしてあげられること

手術をする以上は、メリットだけでなくデメリットということをも理解して手術に臨まなければなりません。そのデメリットとしてあげあれることは、汗腺をいじるため、人によっては手術後に汗の量が極端にわきからは減るということです。

 

ただ、わきの部分からでなくなった汗というのは体の別の部位へと汗の掃出し口を求めていどうするため、今までは、それほど多くなかった汗の部位である背中や手のひらなどの部分に多量の汗をかくようにという人もいるリスクがあるということも理解しておかなければなりません。

 

つまり、1つの汗の出口を失った分、他の出口に偏って汗が排出されようになるということです。また、手術の失敗による後遺症としては、わきの部分の皮膚が壊死してしまうことがあります。

 

なので、異変を感じることがあればすぐに医師へと相談しておくことをお勧めします。壊死をしてしまうとワキガ以上に大変な事態ですので注意が必要です。

 

私の経験を踏まえてワキガ治療のおすすめ

様々な事象を用いて私が実際にワキガ治療の決断をして、治療方法を模索した実体験をご紹介いたしました。

 

今、ワキガ手術を終えて感じることは、ワキガのにおいに悩まされない生活というのは本当に解放感があるということです。

 

うまく手術もいきましたし、手術後の2日ほどはぴりぴりと痛みがありましたが、日に日にその痛みは消えていきました。臭いも再発していないことから医師が私のアポクリン汗腺からにおい成分を全部摘出してくれたたまものだと感じています。

 

やはりおすすめできることといえば、ワキガ治療の実績を積んでいる病院で手術を行うことが自分でできるリスクを減らす作業といえます。手術ですのでリスクはつきものです。

 

出来れば手術前よりも悪化することは勘弁してほしいところですが、体質も人それぞれなので医師も対応できないところもあるかと思います。しっかりと医師と相談をして納得できる方法で手術や注射などの治療法を選択してくださいませ。私は手術をしてよかったと今はすごく思います。

 

 

ワキガ対策参考ページ

 

ワキガ治療手術クリニック

 

 

TOP⇒ワキガ対策

関連ページ

ボトックス注射口コミ|悩んで暗くなってしまった数年間
ボトックス注射を体験した方の口コミです。この方は中学生の時にワキガをしり、高校生から自覚してずっと悩んでいたそうです。
高校生のワキガ手術・口コミ体験談
高校生の時ワキガだと気付き、ワキガ手術を決心した理由、手術を受けててどう感じたのか?など本音の声を書いて頂きました。